弊社のユーザーインターフェースを使用:
直感的、フレキシブルでユーザーフレンドリー

リープヘルの新しいプログラミングシステム:
25%も速いセットアップ時間

新しいLHGearTecソフトウェアを使用しながら、ワークの修正とプロセス監視を行う間のみならず、ワークとツールデータが入る際も、システムがユーザーを常に誘導します。ユーザーガイダンスが、設計者とユーザーとの密な連携によって再検討されました。両方の測定プロセス (閉回路) および MES/MDE/PDA インターフェース向けのオープンインターフェースによる工場のプロセスに、コントロールシステムを一貫して統合することにも配慮しました。

Siemensの新しいコントロール世代と、新しいリープヘルのコントロールパネル LHStation & LHMobileによる組み合わせには、以下のメリットがあります:

  • 前回修正したデータ記録へのクイックアクセス
  • ツールとワークインプットの人間工学的に最適な操作エリア
  • 歯車データ交換 (GDE)におけるワークとツール寸法のインポートとエクスポート
  • GDE通信を経由した測定値の転送 歯車点検機械および 歯切り盤
  • 最適化された 3D 視覚化 およびプロセスディスプレイ
  • 以下が対象 、、および
  • 掘削、ホブ切り、旋盤操作向けSiemensサイクルが組み込み可能
  • 「デジタルツイン」 作業準備中にワークプログラムを作成するための1対1のプログラミングバージョン
  • ツールチェンジャーのサポート
  • 新しいSINUMERIK ONEコントロールプラットフォームのサポート

体験版をダウンロードする

カスタマーマガジン

連絡先

Thomas Karl

ドイツ


新たに最適化されたコントロールパネル、LHStation & LHMobile

新しいコントロールパネルによって、リープヘルは二つのシステムパート間のプログラミングと機械操作をインテリジェントに分けました: データ入力とプロセス監視用に大型の固定式モニターユニット「LHStation」、そしてセットアップの間、コンテクストに応じたユーザーガイダンスが装備された標準モバイル携帯端末「LHMobile」。どちらのユニットも、操作速度と操作の安全性を最適化にするため、触感要素のみならず、マルチタッチサーフェースも備えています。

コントロールパネルは、すべての歯車技術用に設計されています。LHGearTecコントロールインターフェースは、メニューナビゲーションがプロセスへ適合される間を通じて使用されます。歯切りプロセスに加えて、掘削、旋回およびホブ切り操作といったコンビネーションプロセスを実行することも可能です。これはGUIDEプログラミングシステムが組み込まれた内蔵式Siemens HMI操作インターフェースによって設定することができます。こうすることで、歯車の完全な加工が可能です。

新しいユーザーエルゴノミクスを開始する際の、最も大切なハイライト:

  • 24" マルチタッチ付きの大型メインスクリーン
  • ツールとワークデータを高速入力するための触感的な数字キーパッド
  • 10" マルチタッチ付きのモバイル携帯端末が標準仕様
  • PLC/NCキーおよびプログラムステータスとしてのコンテクストに応じたビュー
  • 高い鮮明度のためにハードウェアキーフィールドを小さくしました
  • 最大限の安全のための有線式の信号伝送
  • RFIDベースのユーザー認識が装備された標準モードセレクター
  • お客様の要件に合わせて自由に設定できる8つのボタンまたはキースイッチ
  • フレキシブルなデータインポート/エクスポートのための二つのUSBポート