LV20F スリムデザインバイブレーター

高周波バイブレーターLV 20 Fは、一般的な土壌改良のあらゆる工法に対応できるよう特別に設計されています。バイブロ工法や場所打ち杭工法などが含まれます。ヨーク内の励磁機のフレキシブルサスペンションが、この用途において避けることのできない、杭材とリーダーの間の傾きを修正します。すべての部品の摩耗だけでなく、性能の低下も最小限に抑えることができます。
最大起振力 1,160 kN
最大周波数 2,500 U/min

特徴

作業温度への予熱

作業温度への予熱

ギアボックスオイルを予熱し、ギアボックスから励磁機にオイルを送ることで注油を改良しています。損耗を抑え、製品寿命を延ばします。

ライナーガイドなし

ライナーガイドなし

バイブレーターと杭材を損耗することがありません。

連続冷却

連続冷却

ベースマシンに接続された冷却回路が、バイブレーターを使っていない間も冷却を続けることでバイブレーターの温度を低く保ちます。

追加冷却システム

追加冷却システム

バイブレーターの連続運転用

大型メインベアリング

大型メインベアリング

偏心軸のベアリングは大型で耐用期間も長くなっています。

障害物センサー

障害物センサー

スラリーウォールを使用する際の改良点が、障害物センサーです。地盤内の障害物を適宜検知します。これによりアタッチメントとベースマシンの両方を守ります。

連続振幅調整

連続振幅調整

外側の振幅調整器は頑丈に設計され、メンテナンスフリーで偏心器の連続制御が可能です。

統合制御システム

統合制御システム

バイブレーターは、ベースマシンの制御システムに完全に統合されています。

簡単な輸送とメンテナンス

簡単な輸送とメンテナンス

短く軽いデザインにより、効率に優れているだけでなく、輸送とメンテナンスもしやすくなっています。

テクニカルデータ

最大起振力 1,160 kN
最大周波数 2,500 U/min
総重量(クランプ付き) 4,700 kg
動的重量 3,200 kg

ダウンロード

用途

振動締固め

振動締固め

振動を与えて建築地盤を締固め、地盤を改良します。

ビデオ

Vibro-Assistant

Vibro-Assistant

ビデオを呼び出す

Liebherr vibrator LV 20

Liebherr vibrator LV 20

ビデオを呼び出す

Obstacle recognition

Obstacle recognition

ビデオを呼び出す

キャリア装置