LSC8-18 スラリーウォールカッター

スラリーウォールカッターはモジュール式で頑丈です。カッター名のLSC8-18は800~1800mmの壁厚に対応できることを示しています。掘削幅は2800~3200mm、掘削可能深度は最大150mです。リープヘルでは、ベースマシンのHS 8130.1と除砂装置を合わせたパッケージで提供しています。


カッターホイール

カッターホイール

クイックインストールシステムにより簡単に交換ができます。各カッターホイールは110kNmで駆動し、タフな作業にも対応できるようになっています。

回転装置

回転装置

スラリーウォールカッターは油圧式回転装置に固定されており、トレンチ内でのスラリーウォールカッターの連続的な位置合わせが可能となっている。

ステアリングフラップ

ステアリングフラップ

個別制御が可能な12個のステアリングフラップにより切削方向を補正します。フラップの位置はキャビン内のモニターにリアルタイムで表示されます。

ホースドラムシステムDS 150 T

ホースドラムシステムDS 150 T

ホースドラムシステムDS 150 Tの大口径のホースにより、切削作業を効率良く行うことができます。

追加タンク

追加タンク

デューティーサイクルクローラークレーンのホースドラムのフレームにある追加のディーゼルタンク(500L)により、可能な限り自給操作ができます。

実績のあるベースマシン

実績のあるベースマシン

ベースマシンはHS 8130.1です。高性能ウィンチで、重量のあるスラリーウォールカッターも扱うことができます。

統合制御

統合制御

すべての制御要素はベースマシンの操作システムに完全に統合されています。

質の高いサービス提供

質の高いサービス提供

経験豊富な技術者によるグローバルなサービスネットワークと、スペア部品の迅速な提供によりクレーンを高い稼働率で長く利用できます。

カッティングポンプ、最大容量 450 m³/h
カッターホイール、トルク 110 kNm
全高 C型(コンパクト) 8,000 mm
全高 L型(ラージ) 12,000 mm
最大作業深度 150 m
垂直アシスト

垂直アシスト

スラリーウォールとハイドロミルとのずれを測定して、スラリーウォール施工作業を監視し、記録します。

オートグリースシステム

オートグリースシステム

スラリーウォールカッターのオートグリースシステムによりメンテナンスを素早く簡単に行うことができます。

LSC 8-18 Animation Video

LSC 8-18 Animation Video

ビデオを呼び出す

4C-Power - pay per use

4C-Power - pay per use

ビデオを呼び出す

Verticality Assistant

Verticality Assistant

ビデオを呼び出す