HS8130.1 デューティーサイクルクローラークレーン(HSシリーズ)

HS 8130.1デューティーサイクルクローラークレーンの定格荷重は130tで、深基礎施工でその強さを発揮しています。ケーシング揺動装置とハンマーグラブを装備したパッケージが市場で高い評価を得ています。 性能と安全性の最適化に特に気をつけました。上部旋回体には手すり、キャットウォーク、ステップを取り付け、現場での安全を確保しています。新開発のV8ディーゼルエンジンにより低燃費と低騒音を実現しました。油圧系統も最適化され、前モデルのHS 885 HDよりも作業効率が上がっています。 HSシリーズは特にダイナミックな作業に向けて設計されています。主な用途は、ケーシング揺動装置やハイドロミル、スラリーウォールバケット、またはダイナミックコンパクションを使用した深基礎工事です。さらに、バケットやドラグラインバケットでのマテリアルハンドリングや浚渫作業にも利用できます。
最大吊荷重 130 t
エンジン出力 565 kW
最大ウインチラインプル 2 x 350 kN
最大メインブーム長さ 53.00 m

簡単な輸送とセットアップ

簡単な輸送とセットアップ

革新的なセルフ組立装置により、補助クレーンなしで取り付けと取り外しを行うことができます。クレーンの各構成部品は省スペース、軽量化が図られ、スムーズな輸送が可能です。

質の高いサービス提供

質の高いサービス提供

経験豊富な技術者によるグローバルなサービスネットワークと、スペア部品の迅速な提供によりクレーンを高い稼働率で長く利用できます。

ダイナミックな作業に向けた設計

ダイナミックな作業に向けた設計

強固に設計された上部旋回体と、ワイドなトラック幅に長いクローラーの下部走行体が高い安定性を発揮します。

確かな駆動技術

確かな駆動技術

HSシリーズ向けに設計されたディーゼルエンジンは、信頼性が高くメンテナンスが簡単で、必要な油圧力を発揮します。低燃費で運転コストを節約できます。新しい排出ガス浄化装置により、必要な排出基準をクリアしています。

インテリジェントなクレーン制御

インテリジェントなクレーン制御

クレーン制御システムには多数のプログラムと制御機能が搭載されています。サービスデータやマシンデータが、カラー画面で分かりやすく表示されます。すべての操作を同時に行うことができます。オペレータは機械の操作が簡単にできます。さらに、素早い運転サイクルを実現しています。

柔軟な操作

柔軟な操作

幅広いオプションを組み合わせられるモジュール方式により、特殊な作業にも対応できます。地中連続壁バケットやケーシング揺動装置による作業、バケットやドラグラインバケットによるマテリアルハンドリング、ダイナミックコンパクション、浚渫が含まれます。

最大吊荷重 130 t
最少輸送時幅 2,845 mm
最少輸送時高さ 3,515 mm
最少輸送時重量 78 t
エンジン出力 565 kW
最大ウインチラインプル 2 x 350 kN
最大メインブーム長さ 53.00 m
ブーム長さ、グラブ作業時 38.00 m
ブーム長さ、ドラッグライン作業時 35.00 m
作業重量 116 t
走行速度 1.30 km/h
ドラッグライン作業・最大深さ 18.70 m
ドラッグラインバケット・最大容量 5.80 m³
クラムシェルバケット・最大容量 8.00 m³
半径 14.00 m
バーチャルクレーン操作プラン

バーチャルクレーン操作プラン

特殊な地盤条件など、制限のある現場条件はクレーンの構成に重要な影響を与えます。その解決策として、リープヘルの「クレーンプランナー」が用途に合わせて最適なクローラークレーンと最適な構成を選択します。

作業プロセスの電子評価

作業プロセスの電子評価

プロセスデータレコーディングシステム(PDE)により作業中のマシンデータを記録します。

ドラグライン作業用制御システム

ドラグライン作業用制御システム

ドラグライン作業用の「インターロック」制御システムで、ホイストウィンチでバケットを上げつつ、ドラグラインを力強く落とすことができます。これにより燃料消費とフリーフォールブレーキの摩耗を抑えます。

スラリーウォールバケット制御

スラリーウォールバケット制御

バケットを正確に降ろすための電子制御です。位置決め時のバケットを保護し、高速動作による孔の崩壊を防ぎ、燃料の消費を抑え、操作を簡単にします。

ダイナミックコンパクション用自動制御システム

ダイナミックコンパクション用自動制御システム

ダイナミックコンパクションの自動制御システムを利用できます。正確な運転サイクルを可能にし、ロープの摩耗を抑えることができます。

ディープバイブレーター制御

ディープバイブレーター制御

ホイストウィンチの自動制御システムによりディープバイブレーターを段階的に引き抜くことができます。ディープバイブレーターの消費電力に応じた調整が可能です。

エコサイレントモード

エコサイレントモード

エンジン回転数をあらかじめ設定し、必要な速度に抑えます。操作性能に影響を与えずに、燃料消費を大幅に抑えることができます。騒音も抑えられます。

自動エンジン停止

自動エンジン停止

オプションで自動停止システムを搭載できます。長時間運転を中断している際、いくつかのマシンパラメータを判定した後に自動でエンジンを切ります。燃料消費を抑え、環境にも優しいです。

フリートマネジメントとテレサービス

フリートマネジメントとテレサービス

データ転送・トラッキングシステム「LiDAT」により機械操作のための重要情報を提供します。このデータから、より効率的に作業ができます。追加モジュールで、マシンデータのレポート作成やテレサービスによるリモートサービスを利用できます。

追加スイングギア

追加スイングギア

ドラグライン操作などの特殊な用途には、2基目または3基目のスイングギアを追加することでトルクを強化することができます、

バックアップ制御

バックアップ制御

制御システムの一部または全体に障害が発生した場合に、機械の操作を制限します。

バケット式スラリーウォール施工

バケット式スラリーウォール施工

クラムシェルバケットでスラリーウォールパネルを掘削します。

ハイドロミルによるスラリーウォール施工

ハイドロミルによるスラリーウォール施工

カッティングホイールにより建築地盤を粉砕します。

ドラグライン作業

ドラグライン作業

ドラグラインバケットの主な用途は、川や採石場での砂利や砂などの掘削です。

バケット操作

バケット操作

あらゆる機械式、油圧式バケットを取り付けることで、主要なマテリアルハンドリング作業を広い作業範囲で行うことができます。

ハンマーグラブによる掘削

ハンマーグラブによる掘削

使用するツールにより切削または打撃で建築地盤をほぐす乾式掘削工法です。

浚渫

浚渫

沈殿物が堆積して水深が浅くなり海運業に支障が出る場合に必要な作業です。

突固め

突固め

高い位置から地面に向かってタンパーを落とします。

エアーリフトリバースサーキュレーション掘削

エアーリフトリバースサーキュレーション掘削

大口径、大深度の孔施工に適用されるジェット併用工法です。

振動締固め

振動締固め

振動を与えて建築地盤を締固め、地盤を改良します。

LSC 8-18 Animation Video

LSC 8-18 Animation Video

ビデオを呼び出す

HS 8130 HD in dredging application

HS 8130 HD in dredging application

ビデオを呼び出す

Duty cycle crawler cranes - range of applications

Duty cycle crawler cranes - range of applications

ビデオを呼び出す

HS 8130 dynamic soil compaction

HS 8130 dynamic soil compaction

ビデオを呼び出す

Verticality Assistant

Verticality Assistant

ビデオを呼び出す

Training

Training

ビデオを呼び出す

Video - Automatic engine stop control explained

Video - Automatic engine stop control explained

ビデオを呼び出す

Best of HS dragline

Best of HS dragline

ビデオを呼び出す

Diagnosis screen and remote control

Diagnosis screen and remote control

ビデオを呼び出す

Dredging Assistant

Dredging Assistant

ビデオを呼び出す

Slurry wall grab HSG 5-18 C/L

Slurry wall grab HSG 5-18 C/L

ビデオを呼び出す