未来を見据えた姿勢

リープヘルは、冷凍・冷蔵分野でのデジタル化や、油圧部品分野での3Dプリントなど、それぞれの業界に新しい基準を打ち立てています。リープヘルの製品は、世界中のエキサイティングで壮大なプロジェクトに使用されています。

リープヘル家電部門がIFA 2016で未来のインテリジェント冷蔵庫を発表。

リープヘル家電部門がIFA 2016で未来のインテリジェント冷蔵庫を発表。

2016年 未来からきたインテリジェント冷蔵庫

「Making your life smarter」。こんなスローガンのもと、リープヘル家電部門が、IFA(国際コンシューマ・エレクトロニクス展)2016で未来に向けてインテリジェントな冷蔵庫を発表しました。SmartDeviceとは、マイクロソフト社と共同で開発した、冷蔵庫・冷凍庫をネットワーク化するためのデジタル技術の名称です。これにより、リープヘルの冷蔵庫とのコミュニケーションが可能になり、より新鮮な食品の保存と革新的な食品管理という新しい時代がスタートします。アプリで冷蔵庫を操作したり、カメラ技術で冷蔵庫に収納されている食品を検知したり、在庫リストや新しい買い物リストを作ることができるようになりました。

前代未聞のマッチ:リープヘルの採掘車の荷台で手に汗握るマッチを展開するドイツ代表とオーストリア代表。

前代未聞のマッチ:リープヘルの採掘車の荷台で手に汗握るマッチを展開するドイツ代表とオーストリア代表。

2016年 ピットでの試合:ホウルトラック上で卓球

リープヘルは、ミュンヘンで開催される世界最大の建設機械の見本市「Bauma」で、おもしろい卓球トーナメントを開催しました。165トンと巨大なリープヘルホウルトラック。その130m³の荷台の上で、ドイツとオーストリアの卓球代表チームが対決するという、なんとも面白いゲームが行われました。ドイツ代表のティモ・ボル、バスティアン・シュテーガー、パトリック・フランツィスカなどのトッププレーヤーが、オーストリア代表のヴェルナー・シュレーガー、チェン・ウェイシン、シュテファン・フェーゲルと手に汗握るマッチを展開しました。25年以上にわたり卓球というスポーツに積極的に貢献しているリープヘルは、ドイツ・ブンデスリーガのチーム「TTFリープヘル・オクセンハウゼン」をはじめ、ドイツやオーストリアのナショナルチーム、国際卓球連盟(ITTF)を後援しています。

  • ヨーロッパ一高い超高層ビルの建設

    ロシアのサンクトペテルブルクにあるラフタセンターの建設には、いくつものリープヘルタワークレーンが使用されています。

  • ハンブルクのコンサートホール、エルプフィルハーモニー完成

    ハンブルグのコンサートホール、エルプフィルハーモニーの建設に長年使用されてきたタワークレーン4台がLTM 1750-9.1移動式クレーンで解体されました。

  • ドイツ、ロストックで海上クレーン立ち上げ

    2台の港湾クレーンが重量物運搬船、GIANT 7の上に直接、海上クレーンを組み立てる様子。

  • サンフランシスコの路面電車の装備に携わるリープヘル

    リープヘルがサンフランシスコの路面電車に油圧式ステアリング・スプリングの装備を委託されました。

  • 特殊スラスト軸受をもってトンネル建設分野に進出

    Robbins社のトンネル掘削機のために初めてスラスト軸受を製作し、これをもってリープヘルはアメリカのトンネル建築分野への進出を遂げました。

  • 2016年 世界中で愛されるリープヘル製品

    リープヘルの機械は、世界中の大規模プロジェクトで使用されています。例えば、サンクトペテルブルクにあるヨーロッパ一高い超高層ビル、高さ462メートルのラフタセンターの建設では、10台のリープヘルタワークレーンが活躍しています。ハンブルクのコンサートホール、エルプフィルハーモニーの完成時には、長年現場で使用されていたタワークレーン4台をリープヘルの移動式クレーンが解体しました。ドイツ、ロストックでは、2台の移動式港湾クレーンが、巨大な重量物運搬船であるGIANT 7に直接、海上クレーンを立ち上げています。サンフランシスコの路面電車には、将来的にリープヘルの油圧式ステアリング・スプリングが搭載される予定です。また、トンネル掘削機用の初のスラスト軸受を製作し、コンポーネント部門はアメリカのトンネル建設市場への進出も遂げました。

  • 子会社Liebherr-Components Biberach GmbHの空中写真

    約14.5ヘクタールの敷地に、スイッチギヤ、電気モーター、オルタネーターの開発・生産拠点を新設。

  • Liebherr USA, Co. - 販売とサービスを統合した拠点

    ニューポートニュース(バージニア州)に本社を置くLiebherr USA, Co.は、8つの異なる製品分野を統括する親会社です。

  • 2016年 米国での組織再編とビーベラハ・アン・デア・リスの新しい拠点

    6月、Liebherr-Components Biberach GmbHがビーベラハ・アン・デア・リスに、スイッチギア、電気モーター、オルタネーターの開発・製造を行う工場を開設しました。この新しい開発・生産拠点の敷地総面積はなんと約14.5ヘクタール。つまり、コンポーネント部門の拡大に大きな投資が行われたのです。

    同月にアメリカではLiebherr USA, Co.がスタートしました。この新しい販売・サービス拠点は、北米の8つの異なる製品分野のメンテナンスを担当します。この組織再編により、お客様へのサポートをさらに向上していきたいと思います。

    Liebherr-Aerospaceが開発し3Dプリンターで製造したバルブブロック付きスポイラーアクチュエーター。

    Liebherr-Aerospaceが開発し3Dプリンターで製造したバルブブロック付きスポイラーアクチュエーター。

    2017年 世界初公開。3Dプリンターで作られた油圧部品で空を舞うA380

    2017年3月、Liebherr-Aerospace社が3Dプリンターで製作したスポイラー・アクチュエーターのバルブブロックがエアバス、A380に搭載され、初飛行が行われました。チタンの粉末から積層造形されたこの油圧式制御部品がエアバスで採用されたのは初めてのことです。A380に内蔵されたこのチタン製のバルブブロックは、飛行機の操縦や着陸後の減速など、重要な役割を担うものです。3Dプリンターで作られた部品は、従来のチタン鍛造で作られたバルブブロックと同等の品質を約束しながら、さらに2つの大きなメリット、35%の軽量化と部品点数の削減を提供してくれるものです。

  • ブレゲンツ音楽祭の舞台装置を動かすタワークレーン

    歌劇、カルメンのために、コンスタンス湖の湖底に154 EC-H 6 Litronicが錨を降ろしました。2000年以来、71K タワークレーンはこの音楽祭になくてはならない存在となっています。

  • エッフェル塔でも活躍するリープヘル移動式クレーン

    LTM 1300-6.2の移動式クレーンが、エッフェル塔のギャラリーに長さ18メートルのレガッタを吊り上げました。

  • 世界最長の吊り橋の建設

    スコットランドにあるクイーンズフェリー・クロッシング・ブリッジの建設には、10種類以上の移動式クレーン、そして3つの異なる製品分野からの製品が使用されています。

  • スエズ運河のインフラプロジェクト

    エジプトのスエズ運河のインフラ整備では、最新型のデューティーサイクル・クローラ式クレーン、HS 8100 HDをはじめ、計10台のロープ掘削機が活躍しています。

  • クアラルンプールの住宅プロジェクトにリープヘルで一番大きいロータリーリグを採用

    新しいリープヘルのLB 44-510ロータリーリグは、東南アジア市場のこのクラス内で最も大きいリグです。

  • 2017年 ブレゲンツからクアラルンプールまで - 多種多様な製品が活躍

    2017年にも世界中で数多くのリープヘル製品が使用されました。例えば、ブレゲンツ音楽祭の舞台装置を動かす2台のリープヘルタワークレーンや、5トン、長さ18メートルのレガッタをパリのエッフェル塔の1階に吊り上げたリープヘル移動式クレーンなど。ちなみにこのレガッタというシンボルを通して、世界中の子どもたちの命を救うために心臓手術に携わるフランスの医師たちの活動に注目が集まりました。スコットランドの東海岸では、10種類もの移動式クレーン、そして3つの異なる製品分野からの製品が世界最長の吊り橋の建設を支援しています。世界の貿易にとって最も重要な水路の一つ、エジプトのスエズ運河で行われている日本円にして数千億円規模のインフラプロジェクトでは、10台のロープ掘削機とクローラ式クレーンが活躍しています。また、マレーシアの首都クアラルンプールでは、人気の高い住宅プロジェクト、Sentral-Suitesには、最大のリープヘル・ロータリードリルリグが使用されています。

    リープヘルの歴史の中で最も大きいクレーン。特殊船オリオンにはHLC 295000が搭載されています。

    リープヘルの歴史の中で最も大きいクレーン。特殊船オリオンにはHLC 295000が搭載されています。

    2017年 リープヘルの歴史で最も大きいクレーン

    石油・ガス分野の風力発電所の構築や海洋施設の解体に使用されるこのヘビーリフト・オフショアクレーン HCLは、これまでにリープヘルが製作したクレーンの中で最も大きいクレーンです。2017年、リープヘルはオリオン船のために納入されたこの大型クレーンの賞を受賞することになりました。高さ170メートル、ジブ長50メートルと巨大なこのクレーンは、最大3,000トンの荷物を吊り上げることができます。

    4月、ビショフスホーフェン工場から出荷された50,000台目のホイールローダー。

    4月、ビショフスホーフェン工場から出荷された50,000台目のホイールローダー。

    2017年 5万台製造記念の特別機 - イエローがゴールドに、塗装がグラフィティアートに

    2017年4月、ドイツ、ビショフスホーフェン工場から、5万台目のホイールローダーであるL 566 XPower®が、金色の塗装をまとい出荷されました。リープヘルグループと長年グループを支えてきたお客様がこの特別なホイールローダーをもって5万台達成を祝うことになりました。また、75,000台目のホイール掘削機出荷を祝い、A 918 コンパクトLitronicホイール掘削機はアートキャンバスになりました。ストリートアーティストのクラウディア・ウォルデ(通称MadC)が、この特別な一台をキャンバスにカラフルなグラフィティアートに仕上げました。

    ガイルドルフの再生可能エネルギーの工事現場は、シュヴァーベンジュラ山脈よりも高い位置にあります。

    ガイルドルフの再生可能エネルギーの工事現場は、シュヴァーベンジュラ山脈よりも高い位置にあります。

    2017年 エネルギー大転換で一役を担うリープヘル

    ドイツ、シュヴェービッシュ=ハルの近郊で、未来に向けたドイツのエネルギー大転換を語る重要な一ページが綴られ始めています。「自然エネルギーの貯蔵庫 ガイルドルフ」。風力発電機と分散型の揚水発電所を組み合わせたこの施設では、再生可能エネルギーを貯蔵、つまり、電力の柔軟な供給可能にするパイロットプロジェクトが進んでいます。リープヘルはこのプロジェクトに携わり、世界で最も高い246.5メートルの陸上風車を誕生させました。

  • Liebherr-Ettlingen GmbHのリマン・コンピテンス・センターに2,500m²のホールを開設。

  • ドイツ、キルヒドルフ・アン・デア・イラーの開発/デモセンターの起工式

  • ライデン(スイス)にあるLiebherr-Transportation Systems社の新しいサービス拠点

  • 2017年 生産設備と販売・サービスネットワークにさらなる投資

    2017年、リープヘルは生産設備とグローバルな販売・サービスネットワークに約7億4900万ユーロの投資を行いました。例えば、4月にはLiebherr-Ettlingen GmbHのリマン・コンピテンス・センターに2,500m²のホールが開設され、そのわずか2ヵ月後には、キルヒドルフ・アン・デア・イラーに開発/デモセンターの起工式が行われました。鉄道輸送分野のお客様をよりしっかりサポートするために、それぞれのお客様に合わせてテーラーメイドされたサービスを提供するLiebherr-Transportation Systemsの新しいサービス拠点が9月にスイスに開設されました。

    初めての「環境に優しい」空調システム、Eco-Clim:快適な客室、低いメンテナンス。

    初めての「環境に優しい」空調システム、Eco-Clim:快適な客室、低いメンテナンス。

    2018年 環境優しい鉄道輸送のための空調システム「Eco-Clim」を発表

    2年間のテスト期間を経て、フランスの鉄道会社SNCFの中距離電車の一つに、今回初めて「環境に優しい」空調システム「Eco-Clim」が装備されました。これは化学冷媒を一切使用しない、環境にやさしい空調システムです。化学冷媒の代わりに、航空宇宙産業にルーツを持つエアボーン冷却技術が採用されています。オゾン層にダメージを与えることのないこの技術は、気候変動対策にも大きく貢献してくれるものです。

    (左から右へ)アンドレアス・ショイヤー(運輸大臣)、ディートマー・ヴォイドケ(ブランデンブルク州連邦首相)、アンゲラ・メルケル首相、ヴィリー・リープヘル(リープヘル・インターナショナル社取締役社長)、デルフィーヌ・ジェニー=ステファン(フランス経済財務省長官)、リープヘル航空宇宙のILAブースにて。

    (左から右へ)アンドレアス・ショイヤー(運輸大臣)、ディートマー・ヴォイドケ(ブランデンブルク州連邦首相)、アンゲラ・メルケル首相、ヴィリー・リープヘル(リープヘル・インターナショナル社取締役社長)、デルフィーヌ・ジェニー=ステファン(フランス経済財務省長官)、リープヘル航空宇宙のILAブースにて。

    2018年 ILAでメルケル首相がリープヘルを訪問

    リープヘルは、2018年4月25日から29日までベルリンで開催された国際航空宇宙展(ILA)に参加しました。その会場のLiebherr-Aerospaceのブースのハイライトとなったのはドイツのアンゲラ・メルケル首相の訪問です。メルケル首相を同行したのはアンドレアス・ショイヤー運輸大臣とブランデンブルク州のディートマー・ヴォイドケ連邦首相です。その他にも政治、経済界から、ペーター・アルトマイアー経済・エネルギー大臣や、ドイツ航空宇宙政策の連邦政府コーディネーターであるトーマス・ヤルゾンベック氏などの著名なゲストがこのブースを訪れてくれました。

    売上高の新記録:リープヘルは2018年に売上高100億ユーロの大台に乗りました。

    売上高の新記録:リープヘルは2018年に売上高100億ユーロの大台に乗りました。

    2018年 リープヘルが初めて年間売上高100億ユーロ超を達成

    リープヘルグループは、2018年に10,551百万ユーロの売り上げによって、会社の歴史ではじめて100億ユーロ以上を記録します。前年比では、7億3,900万ユーロ(7.5%)の増加となりました。建設機械・鉱山機械部門の売上高は、前年同期比10.8%増の68億3,300万ユーロでした。これには、特に土木工事、鉱山、移動式クレーン部門が含まれます。その他の製品分野(海上クレーン、航空宇宙・輸送システム、歯車技術、オートメーションシステム、家庭用電化製品、コンポーネント、ホテル部門)の売上高は、前年同期比2.0%増の37億1,800万ユーロとなりました。2018年の年次報告書は こちらから。

  • ドイツ、キルヒドルフ近郊のオーバーオプフィンゲンに新しい生産拠点を開設

    コンポーネント部門の成長戦略。リープヘルは、油圧シリンダー、ダンパー、システムソリューションの生産のための敷地面積を2倍に拡大しました。

  • インド市場の発展

    成長市場、インド:アウランガーバードに、年間50万台の生産を賄うことができる最新の生産工場が開設されました。

  • ハンブルグ港にリープヘルの販売・サービスセンターの建設開始

    着工式を行うリープヘルの港湾クレーン部門のマネージングディレクター、ハンブルグの経済担当議員フランク・ホルヒ氏、Implenia社とHPA社の代表者。

  • ドイツ、キルヒドルフに新しい物流センターを建設

    マテリアルフローとワークプロセスを再構築、最適化し、より効率的で高品質な生産が可能になりました。

  • Liebherr USA社ニューポートニューズ本社新築工事起工式

    米国、ニューポートニューズにて、Liebherr USA, Co.の新しい本社ビルの起工式。

  • 2018年 生産、販売、サービスに8億ユーロを超える投資

    Liebherr-Components Kirchdorf GmbHは、ドイツのオーバーオプフィンゲンに油圧シリンダーの新工場を開設しました。ここでは、油圧シリンダーの物流・組立・検査・塗装を行う2つの工場ホールが23,000m²の広々とした敷地に新設されました。そのわずか1ヵ月後、インド、アウランガーバードでは20ヘクタールの生産拠点が開設されました。Liebherr Appliances India Private Limitedは、インド市場向けのハイグレード冷蔵冷凍庫の製造を専門としています。そして6月には、ハンブルク港で新しいリープヘルの販売・サービスセンターの建設が始まりました。ハンブルグにあるこの子会社は、移動式港湾クレーン、船舶クレーン、海上クレーン、建設機械を専門としています。また、同じ月に、ドイツのキルヒドルフ・アン・デア・イラーでは、Liebherr-Hydraulikbagger GmbHの新しい物流センターの起工式が行われました。そして、7月にはアメリカのニューポートニューズ(米国)でLiebherrUSA社の新本社ビルの建設が始まりました。米ドルにして約4,500万ドルのこの投資は、米国におけるリープヘルの長期的な成長を促していくものとなることが期待されています。

  • 21世紀プロジェクト「グラン・パリ」:パリのインフラプロジェクト

    パリの渋滞に終止符 - パリを見渡す8カ所に設置されたリープヘル。

  • ドイツ、ロストック港で新しい大型クレーンの設置がスタート

    高さ164メートルのTCC 78000ヘビーデューティークレーンは、ますます大型化する海上クレーンの移動を可能にします。

  • 2030年までにヘルシンキ南にあるイェットカーサーリ半島を美しく整備

    建設工事開始前に地盤を固めるリープヘル社のHS 8130 HDロープ掘削機。10メートルの高さから約14トンを落下。

  • 海洋で活躍するリープヘル HLC 150000

    OHTの新しい設置船には、最新シリーズ、Heavy Lift Crane 150000が搭載されています。

  • サンティアゴ・デ・チリの大規模空港プロジェクトに携わる23台のタワークレーン

    リープヘルのタワークレーンが立ち並ぶ建築現場が旅客を魅了。

  • 2018年 世界を駆け巡るリープヘル製品

    2018年にもリープヘル製品は、ヨーロッパ最大の建設現場「グラン・パリ」を筆頭に、世界を変貌させるプロジェクトの数々で活躍しました。フランスの首都の交通渋滞問題を解消するためにパリで進められているこの21世紀プロジェクトは2030年まで続けられる予定です。ドイツ、ロストック港には、世界で最も強力な陸上型大型クレーンが設置されました。リープヘル製品の積載や、その他の重量物の取り扱いが可能になりました。そして、ロストック港から約1,000km離れたフィンランドのヤッタサーリ半島の拡張工事では、リープヘルのロープ掘削機が活躍しました。ヘルシンキの南に、現在約21,000人の住民を迎えられるアパートメントが立ち並ぶ新しい地区が建設されています。リープヘルはまた、ノルウェーのクレーン業者であるOHT社と共同で、別種のプロジェクトにも携わりました。風力発電所の基礎を設置する工事のためにHLC 150000大型クレーンが船上で使用されたのです。48,000トンを吊り上げることができるこの船は、運転中に沈むことでクレーンの安定性を向上してくれます。その結果、HLCはほとんどすべての天候で運行することが可能になりました。南米に目を向けると、チリの首都、サンティアゴでもリープヘル製品が活躍しています。現在サンティアゴの空港では23基のタワークレーンを使用して、しかもフライトの運行を中断することなく、265,000m²の敷地拡張、ターミナルの増設、駐車場を2倍に増やす工事が行われています。

    ゴ・エ・ミヨの帽子を受賞。トーマス・カルバーリョ・デ・スーザ(左)とマリオ・デリング(右)が、ゴ・エ・ミヨの帽子を獲得。

    ゴ・エ・ミヨの帽子を受賞。トーマス・カルバーリョ・デ・スーザ(左)とマリオ・デリング(右)が、ゴ・エ・ミヨの帽子を獲得。

    2018年 シェフにも栄誉

    レストランガイド「ゴ・エ・ミヨ」は、2018年にリープヘルホテルで活躍する二人のシェフにその栄誉ある「帽子」を贈りました。オーストリア、シュルンスにあるLöwen Hotel Montafonのトーマス・カルバーリョ・デ・スーザがGault&Millau社の栄誉ある2つ帽子を、Interalpen Hotel Tirolのマリオ・デリングが3つ帽子を獲得しました。ゴ・エ・ミヨの帽子は、ミシュランスターに並びグルメの世界で最も権威ある賞とされています。

    未来への展望

    65年の歴史の中、リープヘルグループは着実に成長の道を歩み続けてきました。長期的な投資、その確固たる基盤からの成長、製品群の戦略的な拡大がその成功を支えてきた要因です。このように伝統的な市場での地位はしっかりと確保され、世界中の新しい成長市場を開拓することができました。国際的なグループとして新しいチャレンジに挑んでいくリープヘルとはいえ、家族企業としてこれまで立証されてきた哲学をしっかりと守り続けていきます。

    リープヘルグループの基本的な価値観
    創業者の肖像